視線を感じる繁華街のブティックホテルが、いわくつきだった件

視線を感じる繁華街のブティックホテルが、いわくつきだった件

ワンチャン様で連載を始めて数か月経ちますが、最初の方にアップした心霊ブティックホテルの話。

 

「お前またブティックホテルネタかよ」と言われそうですが、なぜかその地へ足を踏み入れると60%くらいの確率で心霊現象に遭うのだから仕方ありません。(ブティックホテルの意味が分からない良い子の皆はサッサと寝ましょう。間違ってもお父さんお母さんに聞かないように。ググれや。)

 

若かりし頃、酔っぱらった帰りにピンで繁華街のブティックホテルに泊まりました。相手がいないというのが最大のポイントですね。

酔っぱらってはいましたが、本能的に汚いホテルは嫌だなと思ったので吸い寄せられるようにホテル「G」へ。

 

見た目はとっても綺麗で、入り口から南国風にこだわったデザインが魅力的に思えたのです。中に入っても清潔感があり、とても繁華街のブティックホテルとは思えないほどのゴージャスさでした。

ふっかふかのベッドに広い部屋、お酒にほろ酔いのワタクシはそのまま寝てしまいそうです。ですがお風呂には何が何でも入らなきゃ!と固く決意し、いざバスルームへ。

 

シャワーの水圧が死ぬほど弱くて全身きちんと洗い流せているか不安になりましたが、一風呂浴びて綺麗サッパリ。この頃には酔いもそこそこ抜けていました。一応お湯も貯めていたので、浴槽でのんびり。「あ~こんな広いバスタブに女一人か。シケてんな」と思いながらぼけーっとしていると……

 

なんか視線を感じるんです。

上から見られているような、謎の緊張感が走りました。

 

当然ながら上から見下ろしている人なんているわけなく、バスルームにいるのはワタクシ一人。酔ってるから変なことを感じるのかも、とその時は軽く考えていました。

しかしベッドに戻っても、先程と変わらず緊張感が抜けません。

洗面台がある方から、誰かに見られているような落ち着かない感覚があるのです。

 

 

霊感がある人にしか分からない感覚といいますか、霊がいるスポットって空気が“妙”なんですよね。

よく心霊YouTuberが心スポへ行った際に「空気が違う」なんて言っているのを聞いたことがありませんか?まさしくそれなんです。

洗面台からバスルームにかけて、違う空気が流れている……。

 

そんな事態に陥ったので一気に怖くなり「タクシーで帰れば良かった」と大後悔。相手もいないのに目をギンギンに開けながら、眠気が訪れるのをひたすら待ちました……。

 

結局照明はつけっぱなし、睡眠時間二時間という最悪の状態でチェックアウト。恐怖心を抱きながら大島●るで調べてみると、案の定の事故物件だったようです。

 

 

死因は絞殺

まさか亡くなった場所の部屋をドンピシャで引いてしまったのか、はたまた水回りのあるところで絞殺されたのか……真相は分かりませんが、とにかく視線を感じたことは確かです。

 

基本的に幽霊というのは水回りに集中しやすいので、殺害現場がお風呂でなくとも、その辺りに潜んでいることもよくありますね。

 

とりあえず繁華街のブティックホテルは自殺・他殺率が圧倒的に高いので、二度目の心霊経験のあとは宿泊をやめました。笑

 

ただこの心霊ホテル、その街では有名らしく……心霊現象に遭った人はそこそこいるようです。知人もその一人で「電話をかけていないのにフロントの人が来た」等と、色々な現象が起きているのだとか。じーっと見られているレベルで済んだワタクシは、比較的にマシだったのかもしれません。

まだ実在し続けているホテルなので、霊は成仏できずにホテル内を彷徨っていることでしょう。

 

繁華街のブティックホテルの8割~酷いと9割が事故物件である可能性が高いので、皆様もぜひお気を付けくださいませ。せっかくの楽しい時間が、恐怖の時間へと変わってしまうかもしれませんので……。

 

0

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t