結婚が向いてる人と向いてない人の違い

結婚が向いてる人と向いてない人の違い

こんにちは、胎盤JDです。

 

この記事を見てくれている人の中で、すでに結婚している人はどのくらいいるのでしょうか?その中で、自分は楽しい結婚生活を送れている!という人はどのくらいいるのでしょうか…(不穏)。

結婚は人生の墓場、なんて言葉もありますが、人によっては地獄になったり天国になったりするはずなんです。ようは、結婚すると幸せになる人と、そうでない人がいるということです。

 

そこで、今回は

結婚が向いてる人と向いてない人の違い」についてまとめていきたいと思います。

 

 

・刺激を求めるか安定が欲しいか

 

まず、当たり前に、人生に刺激を求める人には向いてないですね!結婚なんてその真反対の存在なので。異性をとっかえひっかえしてチヤホヤされることにこの上ない喜びを感じちゃうような人は、結婚しない方が幸せだと思います。てか、結婚した相手を傷つけることになる可能性大なので、結婚しないでほしいです。

逆に安定が欲しい、とにかく心が安定している状態でゆっくり過ごせる時間がなによりも幸せ、という人は結婚向いてる人が多いと思います。ただ、こういう人の中には「まだ刺激を知らないだけ」たいな人もいると思うんです。そういう人は、結婚してから刺激を知ってしまって泥沼になる可能性もあるので念頭に置いておきましょう…

 

・束縛が嫌いな人は向いてない

 

結婚は「彼氏彼女」の関係と違って法的な契約です。お互いの行動に責任が生じるんです。自分勝手な行動はできなくなってきますし、浮気をして離婚となれば、両親との関係やお金の問題が出てきます。そういうものに縛られることに強いストレスを感じる人間は、結婚しない方がいいですね。てか、そのぐらいの責任も負いたくない程度の恋心なら結婚しない方が幸せだと思う。

愛はカンタンじゃねえんだ!!

 

 

・相手にもよる説

 

結局、よい結婚生活が送れるかどうかは相手との相性が一番大事なんですよね。向いてない人はもちろんいますけど、そんな人でももしかしたら結婚したいって思うぐらい好きな人が現れたら変わる可能性はあるんです。まあ大抵は変われなくて結婚してからもフラフラしてる人が大半だと思いますけどね!!

反対に、安定が欲しいって人も、いざ適当な人と結婚したら退屈になってしまう可能性はあります。幸せな結婚になるかどうかは、自分の考えももちろん大事ですが相手の選び方が一番重要。結局これ。

 

 

結婚が向いてる人と向いてない人、という言い方をしましたが、傾向はあるにせよ最終的には相手の選び方が文句を言います。幸せな結婚をしたいなら、見る目を磨きましょう。

 

ではまた!

 

 


この記事を書いてくれた胎盤JDさんのTwitterはこちら

@kopiJd

3+

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t