神様からの歓迎?

神様からの歓迎?

皆さん、こんにちは!

皆さんの中にも、神社仏閣などが好きな方は少なくないと思います。

では、どのようにして好きになったのかを思い出してみて欲しいのです。

もしかしたら「歓迎の印」を受けて好きになった方もいるのでは?

そこで、今回は神様からの歓迎のサインなどを含めてお話ししていこうと思います。

◎神様からの歓迎って?◎

神社仏閣にお詣りに行った際に起こる現象で、基本的に「降る・鳴る・吹く・来る」

と言われているものがそのサインとなります。

【降る】

・雨や雪が降る

・霧が掛かる

・雷雨

・台風や嵐

・逆に参拝の間のみ止んだ

急な天候の変化で雨や雪が降る場合には「禊(みそぎ)の雨」「浄化の雨」と呼ばれており、

神様が喜んで出迎えてくれているそうです。

実際に私が行った神社仏閣でそのような現象が起こったのは

・三峰神社(霧)

・日光東照宮(雨&虹)

・福島さざえ堂(雨&虹)

・牛久大仏(雨、雪)

・諏訪大社(霧)

・身曾岐(みそぎ)神社(参拝中のみ晴れ)

と、緑豊かな場所が多いように感じます。

【鳴る】

・御祈祷や神楽など神事が始まる

・結婚式などに遭遇する

これらは神様の歓迎のサインの中でも「粋な計らい」とされているようで、

心が温かくなったりするサインです。

実際に私が行った神社仏閣でそのような現象が起こったのは

・鶴岡八幡(結婚式を3度)

・草加市浅間神社(神楽)

・鷲神社(神楽)

・成田山新勝寺(祈祷)

・西新井大師(祈祷)

と、開けた場所にある神社仏閣に多かったと思います。

【吹く】

・風がふわりと吹く

・紙垂(しで)や御幌(みとばり)が揺れる

・雲の形が龍や翼などに変わる

・葉っぱや花が降ってくる

特に御幌が揺れている場合は神様が喜んでいるとされ、

下がっている布が内から外に揺れたら「神様が願いを聞いた印」、

外から内に揺れたら願い風と言う「願いが届いた印」とされているそうです。

実際に私が行った神社仏閣でそのような現象が起こったのは

・成田山出世稲荷大明神(風が吹く、葉が降る)

・花園稲荷神社(風が吹く)

・浅草神社(紙垂が揺れる)

・乙女稲荷神社(風が吹く、花が降る)

などお稲荷さまを祀っている神社でこちらの現象がよく起こりました

【集まる】

・動物と出会う

・動物が集まる

動物が神様の化身として現れる歓迎の印だそうで犬、猫、鳥以外にも虫や爬虫類も含まれており、

生き物に遭遇する事は吉兆なんだそうです。

実際に私が行った神社仏閣でそのような現象が起こったのは

・銀杏岡八幡神社(猫、鳥各種)

・等々力不動尊(猫、イモリ)

・蛸薬師成就院(猫、トンボ)

などで、都会や街並みの中にポツンとあるような神社が多かったと思います。

このように様々な神社で神様からの歓迎を受けていると感じるのは、まさに自分が雨女ならぬ

雪女だからかもしれません。

私が生まれたのは3月半ばでしたが、当時は交通網が麻痺するほどの記録的な大雪だったようです。

そして今年の3月14日にも都内で雪が観測されました。

さらに2010年の4月、親戚の法要でも都内で雪が観測されるなど何か大きな節目や行事がある毎に

雪が降ります。

皆さんも神社仏閣に詣った際、自分の大きな節目の際に自然現象が起きていないか

確かめてみてくださいね!

1+

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t