中庭で出会ったおじさんは……

中庭で出会ったおじさんは……

これはYさんという山口県出身の男性の体験談だ。

 

「俺は、いわゆる霊感はないと思っているんですけど……不思議な経験があって」

Yさんの一番最初の体験は、五歳頃だったという。

 

---

当時一人で遊ぶことが多かったYさんは、その日も実家で一人で遊んでいた。

部屋の隣が中庭になっており、掃き出し窓を開けるとすぐ外に人が出られるつくりとなっていた。

 

その頃、よく遊びに来てくれていたおじさんがいたという。

十二時のサイレンが鳴ってからしばらく経った昼下がり、いつもふらっと中庭に現れていた。

 

おじさんと遊ぶ毎日が一週間ほど続いたある日のことだ。

「今日は暑いね~」

と、おじさんは当たり前のようにYさんに話しかけて、掃き出し窓のサッシの部分に

ちょこんと腰かけた。

 

「今日は何して遊ぼうか?」

「ウーン、じゃあ、かいじゅうごっこ!」

 

Yさんは当時ゴジラのおもちゃなどが好きで、それで一緒に遊ぼうとおじさんに提案した。

しばらく経つと祖母が来て、Yさんを不思議そうに見てから、こう言った。

「……あんた、誰と話しているの?」

 

「ここにいるおじさんと遊んでるんだよ~!」

 

Yさんは手に持った人形を、おじさんにぶつける。するとおじさんは

「やられた~、痛い~!」

と大げさにリアクションを取る。

Yさんが面白そうに笑っていると、祖母は慌てた様子でYさんの手を引っ張り部屋を出たという。

 

「なんで?おじさんとまだ遊びたい!」

Yさんはそう言ったが、祖母は

「そんな人いなかったんよ……」

と話したそうだ。

 

当時まだ存命だった祖父は、その話を耳にするとYさんにこう言って聞かせたという。

「あの部屋にはもう入るな。お前が会ったのは、死んどる人やからな」

---

 

四十から五十くらいの男性で、水谷豊をもう少しくたびれさせたような雰囲気の、

笑ったところがきれいな人だったという。

 

「透けてるとかもなくて……気の良さそうな、普通のおじさんでしたよ。

現代日本の服装で……Tシャツジーパンを着てました」

 

大人になったYさんはそう話す。

 

「いつも、部屋の中に上がるというよりは、縁側のようなところにちょこんと座ってました。

その部屋に行かなくなってから、おじさんにも会っていないです」

 

もしかしたら、遊んでくれていたのは、既に亡くなっている親族の誰かだったのかもしれない。

 

 

祖母宅は戦争が始まる前からあった古い家で、家の目の前に川が流れていた。

Yさんが小学生にあがってから川で遊んでいると、祖母に怒られたそうだ。

後で知った話だが、そこでは頻繁に水死体が上がっていたという。

水辺に近い立地というのも、おじさんが頻繁に現れやすかった一因だったのしれないと

筆者は考える。

 

また、Yさんは二十代になるまでに車に三度轢かれかけていると話す。

雪が降る日、ウィンカーを出した車が近くを走っていた。

(ウィンカーも出ているし、こっちには来ないだろうな)

そう思っていると、急に車がYさんの方へ突っ込んで来たのだという。

 

「初めて走馬燈を見ましたよ。あ、俺、死んだんだなって。

世界がものすごくゆっくりになって、自分が倒れていくのがスローモーションに感じられました」

 

が、いずれも無傷で済んだという。

 

「怖いことからは、親族が守ってくれているのかもしれないなって……

そう思うことがあるんです」

 

その後、Yさんは祖母のすすめで自衛隊に入隊することになる。

そこでも不思議な経験をしていると話を聞かせてもらったので、次回以降紹介したい。

 

 

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

 

実話怪談があるよ!記事にしても良いよ!という方は、

お気軽に私のメールアドレス(roudokuradio★gmail.com ★は@に変えてくださいね)

までお寄せくださいませ。

その際箇条書きで構いませんので怪異体験のことを簡単に記してありますと大変助かります。

(何年前・どこで・こんなことがあった、など)

 

志月かなででした。

 

 


この記事を書いてくれた志月かなでさんのTwitterはこちら

@kwaidangirl

0

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t