オカルト好きになると心霊が寄ってくる・・・??

オカルト好きになると心霊が寄ってくる・・・??

こんにちは、たかなし亜妖です。

 

今回は「ホラー・オカルト好きだと心霊が寄ってくるようになるのか?」

について、実体験を交えて解説していきたいと思います。

 

結論から申し上げますと「まぁその可能性はある」というのが、ワタクシの意見でございます。

 

「まぁ」って何だよ!と総ツッコミを食らいそうですが、あくまで全員が全員そうではない、

ということはお伝えしておきたいのです。

 

 

赤い光っていいですよね、なんか怖くて。

彼岸花を彷彿させるので好きです。

 

これ、心霊スポットでもなんでもなくコラーゲンマシンなんですけども。

 

 

元々ワタクシ・たかなし亜妖は

ホラー・オカルト系のネタは大の苦手でした。

 

別の場所でも少しお話したことがあるのですが、ホラー映画なんて

観れたもんじゃなかったですね。

 

以前はホラー映画やホラーゲームのCMがバンバンTVに流れていましたから、

本当に怖くて仕方がなかった。

まぁちょっとしたことがあり、今ではすっかり大好きになったのですが。

 

ただ苦手意識を持っている頃から、多少の霊感はありました。

元々の体質でしょうね。

 

「なんか変な雰囲気がする」

「誰かいる気がする」

としょっちゅう親に言っていた記憶があるくらいです。

ただ心霊現象らしい現象には、遭ったことがなかったですね。

 

ホラー・オカルトに触れるようになってから、心霊現象に巡り合うようになったのも事実。

こちらが興味を持ち始めたから霊が寄ってくるようになったのか、それはどうか分かりません。

ただやはり心霊に対しての好奇心・興味は強いです。

多分霊に対して何とも思わないで過ごしている人の何倍も。

 

だから心霊スポットにも行きますし、霊がたくさんいるであろう繁華街にも顔を出しますし、

なんなら繁華街のど真ん中にある映画館でホラー映画を観ます。

しかもレイトショーで。

 

 

 

(先日行ったクラブの写真。

クラブも人が集まるので、心霊も寄ってきやすいのだとか)

 

正直なところワタクシの場合、好きだから自ら飛び込みに行っている感じも

否めなくはないでしょう。

そりゃ心霊現象にも遭うわ。

 

「この話、全然アテにならないな」

「こいつに聞くの間違えたな」

と思いながら読んでいる人も多いはず。

でも霊にさほど強い興味を持たなくても心霊スポットへ遊びで行く、ホラー映画を

人の多い場所で観る、ということをしている人もいるでしょう。

 

上記のことをしていなかった時と比べて、心霊現象に遭いやすくなったパターンも

多く見られます。

そこまで「強い興味」がなくとも「ちょっとした好奇心」で寄ってきてしまう可能性は高いです。

 

霊なんか嫌い!見たくもない!という人は

そもそもそういうスポット・題材には寄り付かないですから。

 

自ら寄っていく時点で、もうそれは「興味・好奇心」なのです。

霊はそういった人間の感情に敏感だと思います。

だから「ホラー・オカルト好きだと心霊が寄ってきやすいのか?」という質問には、

「まぁ、うん」と返事するのですよ。

 

ただ、たま~に、とんでもなく鈍感な人間も存在します。

凶悪な心霊スポットへ行けば、ほとんどの人間が心霊現象に反応するのが普通。

 

 

ですが本気の鈍感人間(失礼な言い方で申し訳ありません)は何も聞こえないし

感じないのです。

皆が聞こえたという音も耳に届いていませんし、心霊独特の「嫌な感じ」を

まず察知できないとか……。

 

単純にメガネの度が合っていないとか、極端に耳が悪いことも考えられますけどね。

でもそんな感じだったら普段の生活も大変だと思いますが。

 

どんなに心霊好きでも体質のせいか、本当に何にも気づかない方はいらっしゃいます。

そういった人は基本的に、無敵ですよね。

心霊スポットへ行っても取り憑かれることなどほぼないと思いますので。

(そもそも取り憑かれたことにも気づかない可能性大)

 

 

長々とお話してしまいましたが、やはり興味を持っている、好奇心がある以上

心霊には近づかれやすいということを覚えておいて下さいませ。

 

あくまでたかなし亜妖個人の感想ですから、きっと異を唱える方もいらっしゃるでしょう。

一個人の考え、程度に留めてくださると嬉しいです。

ですがオカルト好きはかなりの確率で心霊現象に遭っていますから、

あながち間違っているデータではないと思います。

 

くれぐれも興味や好奇心を出しすぎて、危険なスポットに寄り付かぬようお気をつけ下さいね。

 

1+

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t