Twitterで陥りがちな悪循環

Twitterで陥りがちな悪循環

こんにちは、ですᕱ⑅ᕱ

 

今日はTwitterでは言うべきではないかな、と判断してツイートにはしていなかった、

とあることについてお話していきたいと思います。

 

例えば誰かが、もしかしたらあなたが、

傷付いたり悩んだりしているとき。

 

そういうとき、Twitterの使い方ってそれぞれだと思うの。

自分と気持ちや状況が近い人に共感したり、参考になる人を見付けたり、

憧れの人を眺めたり、決意や目標を記したり、時には弱音や愚痴を書いたり。

 

「Twitterがあって良かった」

そう感じたことがある人もいるんじゃないかな。

 

今回はその中でも

私に相談しに来る子たちにも一定数いる、

フォロー欄とタイムラインがメンヘラのカリスマ系アカウントで埋め尽くされている

こちらのタイプについてのお話。

 

ブスでつらい生きてるのがしんどい可愛いあの子が羨ましいこんな彼氏が欲しいできない元カレ最低

あの女消えろ愛されたい浮気されてフラバする復縁できない結婚できない泣きたい虚しい死にたい

どうせあなたも私を捨てるんでしょ本当に愛してくれる人なんていないいつになったら幸せに

なれるんだろう都合が良い女から抜け出せないなんちゃらかんちゃらうんぬんかんぬん

 

こんな内容ばかりリツイートして、いいねして、

 

「共感しました、私も同じです」

「言葉にできなかった気持ちを代弁してもらえたみたいです」

「自分だけじゃないんだって安心しました」

「本当につらいですよね、どうしたらいいのか分からないですよね」

「今のままじゃダメだって分かってるけど、動けないんです」

 

なんてリプして、自分のツイートもそれに引っ張られている人って意外と多い。

それ自体は悪いことではないのだけれど、言ってしまえば大抵の人は

そこで思考も行動も終わってしまっている。それが問題。

 

共感して、自分だけじゃないんだって安心して、

でも心の中のつらい気持ちが文章化されたものを見て余計に強く認識して、

そうかと言ってその状態から抜け出せるわけでもなく。

傷を舐め合っているとなんとなく満足してだらだらとその状態に甘んじてしまう。

要はそこから何も成長できないんだよね。

そして愚痴や嫉妬や悪口や否定ばかりの言葉を見続けるというのは

一時的には楽だったり捌け口になったとしても

もしもあなたがそこから抜け出していつかは幸せになりたいのであれば、

あまり良いことではなくなってくると思うの。

 

ネガティブな感情だったりマイナスな言葉というのは、いつの間にかあなたを

そちら側に引きずりこんでしまう。

そうするとポジティブな考えに至ることが難しくなるし、気付くと悩みや不安が

堂々巡りになっていく。

停滞したままの状態でいると、あなたの毎日はどんどんつまらなくなっていく。

その状態が続けば続くほど幸せからは程遠くなって、悩みや不安は堂々巡りどころか増えていく。

完全に悪循環だよね。

 

いつかは幸せになりたいのなら、

充実した毎日を送りたいのなら、

理想の自分に近付きたいのなら、

 

「メンヘラ系アカウントばかりフォローして病みツイートに共感して、そこで終わらせないこと」

これは本当に大切。

余計なお世話だとは思うしTwitterで言うことではないとは思っていたのだけれど

もしあなたが「今、この状況かも…」と心当たりがあったのなら、

見直してみてもいいのではないかしら。

 

 


この記事を書いてくれた杏さんのTwitterはこちら

@apricot_candy_a

56+

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t