ニキビに悩むすべての人間へ

ニキビに悩むすべての人間へ

こんにちは。たいばんJDです。

みなさんは「ニキビ」ができたことはありますか?

ニキビは古代から美肌を欲する人たちの敵として生き続けていました。

今回は、人類を地味に苦しめてきた「ニキビ」について書いていきたいと思います。 

 

1、自己流の治療はNG

まず、ニキビが現時点でできているなら自己流の対処は絶対にダメ。

とくに炎症になっているニキビをいじると、皮膚がえぐれたように

クレーターになることがあります。

このクレーターは美容医療をもってしてもなかなか消えない頑固なものなので、

自己流の対処、とくに潰すのだけはやめましょう。

また、市販でピーリング液やスクラブなどが売っていますが、それらは予防のためのもの。

すでにニキビができている時に使うと刺激になり、悪化する可能性もあります。

肌を強く擦ったりするのもやめ、安静に清潔に保ちましょう。

2、病院に行こう

自己流の対処がダメならどうすればいいんや!という話ですが、

対処法はたった一つ、病院に行きましょう、ということです。

日本ではニキビは「痤瘡」といって、病気の一つとして認められているので保険がききます。

病院に行けば、論理に基づいたニキビ治療が格安でできるという意味です。

たしかに病院は開いている時間も限られているし、なんとなく行きづらいイメージがありますが、

ニキビを悪化させてクレーターを作ってしまうより全然マシなはず

ニキビができたらまず病院!

3、予防も大事

自己流はだめ!

病院に行くしかない!

たいな言い方をしましたが、普段から気をつければ病院に頼らず予防することも可能です。

美容皮膚科でするようなピーリングや、クリニック専売のせっけんを使うのもいいですし、

ティーツリーやビタミンC配合の化粧水が力になってくれることもあります。

とくに皮脂が多くて毛穴が詰まりがちな人は、

皮脂量を抑えてくれるビタミンCを内服することもいいと思います

ビタミンCはニキビだけでなく、美白や健康にも良いので

普段から摂取していくことをおすすめします。

また、化粧品の中には「ノンコメドジェニックテスト済」と表記があるものがありますが、

これはニキビができにくいことが試験によって実証されたことを証明する表記です。

化粧品がニキビの原因になることもあり得るので、どうしても治らない人は

この表記を参考に化粧品を見直してみるといいかもしれません。

そして、やはり一番大事なのは生活習慣。

サプリや化粧品に気を使っていたとしても、睡眠不足や栄養不足が原因で

ニキビが多発することもあります。

思い当たる人も多いのではないでしょうか…

カップ麺で済ませちゃだめですよ!!

まとめると、

・普段からの予防が大事

・できてしまったニキビは触らず病院に

という感じです。

シンプルで「そんなの知ってるよ」と思う人もいるかもしれませんが、

参考になりましたでしょうか。

ニキビを消すための魔法なんてなくて、結局普段からの積み重ねと正しい治療がモノを言うんです。

みなさんがトラブルのない肌を手に入れることができますように!

ではまた。


この記事を書いてくれた胎盤JDさんのTwitterはこちら

@kopiJd

1+

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t