SNSで女が愚痴ってる「男ってやつは…」を言語化してみた

SNSで女が愚痴ってる「男ってやつは…」を言語化してみた

男ってやつはよ〜〜!!

 

って、どこのSNSを見てても書いてあるんですよね。

旦那の愚痴とか、彼氏への不満とか。

女はいつも怒っています。

自分の意思で一緒にいる男性のことでもです。

 

なんで自分が、彼にこんなにイライラしちゃうのか……

うまく言えない女性もいると思います。

ということで今回は、世の中の男女の間でよく起こるケンカの理由について、

怒りを言語化できなかった女子にも、

彼女がなんで怒っているのか意味不明だった男子にも

「なるほど〜〜」と思ってもらえたら幸いです。

 

 

寝坊もご愛嬌?男性はコミュニティで「相手に期待しない」

 

よく「寝坊」が原因で喧嘩しているカップルがいます。

遅刻するのが男性側である時、女性はよくこういいます。

 

「私なんてメイク含めてあんたより1時間早く起きてるのに」

「前の日早く寝ればいいだけの話じゃん」

 

など。

しかし、そもそもの部分で

「男性は男同士で遊ぶ時に遅刻もご愛嬌と取る文化」があると思っています。

 

男性同士のコミュニティって、女子から見るとびっくりするくらい

雑に成り立っていることが多いです。

群れ意識の強い女子は、コミュニティを守るために時間などのルールを厳しく見ますが、

群れ意識のない男性のコミュニティでは、大人数の会で遅刻してくる人がいるのはよくあること。

時間を守ることに対して、女性ほどの責任をお互いに感じていないため、遅刻されても

「まあいいや。本屋いこ」で済む人が多いのです。

 

男性は相手に期待したり、責任を過剰に要求したりということを友人同士であまりしません。

だから、女性とのデートになった時、期待や責任を重視する女性を怒らせちゃうんですね〜。

でも、いくら怒っても多分

「遅刻されても、俺はそこまで気にしないんだけどな〜」

とかちょっと思ってるんですよね、男性は。

 

 

男性のケンカのゴールは「キレてる相手を落ち着かせること」

 

「何回怒っても、同じことを繰り返す」

ということについても、女性がよく怒っているのを聞きます。

 

靴下が脱ぎっぱなし。

予定や頼み事を忘れる。

 

そういうことについて女性が爆発してケンカになって、謝ってはくれても行為自体が治らない……。

 

これは、女性が「感情的に怒りすぎている」ことが原因かもしれません。

 

感情を爆発させて怒られている時、

男性は「理性を失った相手に何か言うのは無駄」と感じている時があります。

ディスカッションもまともにできないので、怒られたことに対してでなく、

目の前で彼女が怒っているという状況そのものを先に問題解決させようとしてしまうのです。

 

だから、こういう時に出る男性の”ごめん”は、女性が注意したい内容に対してのごめんではなく、

彼女を怒らせたことに対しての対処療法としての”ごめん”なのです。

多くの場合、異性とケンカする場合はどちらかが感情的だと、一方は冷静になってしまいます。

キレたら負け、ケンカをふっかけるなら冷静になった方が優勢に立てますよ。

 

 

体の浮気は浮”気”にあらず

 

男女の関係の中についてまわる、別れの原因にもなりやすい”浮気”。

浮気や不倫でもよくSNSで悩みを打ち明けている女性がいますが、ここにも

浮気の捉え方に大きな差があります。

 

そもそも、女性は愛情表現のためにセックスをしますが、男性は性慾解消としてもセックスをします。

この”性慾解消”のためのセックスの場合、そこに”気持ち”は全くないわけです。

 

一人でオナニーするよりは、相手がいたほうがいい、というくらいの話し。

男性は女性ほど”ヤッたら好きになる”ということにもなりづらいので、

そもそも浮気の意味が女性とは違うことが多いのです。

 

気になっている相手ができてしまったら浮気だけど、性慾解消のセックスは”息抜き”です。

なら風俗にいけ、という女性もいますが、

男性も「できればタダの方がいいから」くらいの理由で

風俗を使うよりも、素人の女性とのセックスを選ぶだけなのです。

 

 

解釈のみぞを理解し合うことが大事ダゾ

 

男女は育ってきた環境が大きく異なるので、一つの物事に対して解釈がずれてしまうのは

仕方がないことです。

寝坊の頻度、ケンカのゴール、浮気の線引など、お互いがどこからをタブーとするのかを話し合い、

中間を探すことが大事。

この部分を怠ってただ怒っても、「怒っていること」に対して対処されるだけで何も変わりません。

 

ケンカというより、話し合いをしっかりしていくのが大事です。

SNSに愚痴を書いても相手は変わらないので、ずっと一緒にいたいなら、

しっかり話し合いましょう。

 

 


この記事を書いてくれたミクニシオリさんのTwitterはこちら

@oohrin

2+

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t