自分の事も好きになれない癖に、誰かに好きになってもらおうとするなよ。

自分の事も好きになれない癖に、誰かに好きになってもらおうとするなよ。

こんばんは夜の一人遊びと申します。

 

普段はTwitterやYouTubeに動画(主に恋愛系)を上げておりますが、

伝えたいものの中には

『動画だからこそ伝わらないも

『文章だからこそ伝わるも

があります。

場をお借りして、普段は言えないような、言わないような、

そんなお話をさせていただきたいと考えております。

普段僕活動を応援してくださるファン方にとっては、

また一味違う”夜の一人遊びコンテンツをお楽しみいただけると自負しており、

定期的に更新していきますで、休憩時間お供としてでもご活用ください。

 

今回は第一回として、タイトルにもある通り

『自分事も好きになれない癖に、誰かに好きになってもらおうとするなよ』

についてお話しさせていただきます。

 

 

「自分事好き?」

そう質問を投げかけられ、「うん好き!」とはっきり口にできる人は何人居るでしょうか。

「嫌い」と自己否定したり、「うんまぁ好きかなぁ」などと曖昧に肯定したり、

なかなか「好き」とはっきり申せる人は少ないような気がします。

 

別にこれ自体が悪い事だとは思わないし、好きなもは好き、嫌いなもは嫌い、

好きでも嫌いでもない『無関心』でなければ、僕はなんでもいいと思いますが、

 

こと恋愛においてはどうでしょう?

 

例えばあなたが、ピーマンを嫌いだとする。

別にピーマンなんて食べれなくったって死にはしないし、誰に迷惑をかけるもでもない。

ピーマンを食べれるようになる努力なんて別にしなくたっていい。

そう思うはずです。

 

ではそ嫌いなピーマンを、人に薦めれますか?

「僕はピーマン嫌いだけど、食べてみなよ」

「私はピーマン苦手だけど、美味しいんだよ」

と知人に言われれば、

「いやお前は嫌いなんかい」とツッコミたくなるでしょう。

 

ではそピーマンを、一人称』に変換してみましょう。

「僕は僕こと嫌いだけど、付き合ってよ」

「私は私ことあんまり好きじゃないけど、結婚しよう」

 

はい…偏差値計り知れない文言が完成しましたね☆

要するに、他人に自分を好きになって欲しいであれば、

まずは自分くらい好きになっとけって話です。

 

別に100%好きになる必要はありません。

誰だって自分に対してコンプレックスもあるし、好きになれない部分はあるが当然です。

100%なんて無理です。

 

だから、”好きと嫌い割合”を考えた時に『好き』が勝ればそれでいいと思います。

そうすれば自分悪い部分、嫌いな部分なんて隠せます。

『能ある鷹は爪を隠す』と言いますが、

僕から言わせてみれば『能があるならまず弱点を隠せよ』という感じです。

 

自分弱い部分やコンプレックス、惨めな過去を隠せる程に、

自分事を好きだと言ってみてください。

それが、自信にも変わります。

 

そしていつ日か、あなた弱い部分までも見せれるような人が隣に居てくれれば、

それは凄く幸せな事なんじゃないかなと思います。

自分事も好きじゃないに誰かを好きになるとか、まず順序が違うし、

嫌いな自分を好きになってもらいたいなんて、おこがまし過ぎるだろ。

そんな話でした。

 

 


この記事を書いてくれた夜の一人遊びさんのTwitterはこちら

@yoasobi_botchi

36+

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t