インフルエンサーやモデルなどが事業の展開を熟知したらどうなるのか?

インフルエンサーやモデルなどが事業の展開を熟知したらどうなるのか?

「株式会社ユナイテッドネオ 大石ボビー」

「インフルエンサーが自分自身でプロモーション事業の展開を考え形にし展開できたらどうなるのか?」

とふと思った時がありました。

もし、それが実現できるのあれば、僕はこのプロモーション事業で新しい風を吹き込むことができるんではないか?と鼓動を高鳴らせたのを覚えています。

 

今までSNS媒体で影響力のあるインフルエンサーやモデルがいて、個人事業主もしくは事務所所属としてクライアント・広告代理店から案件のオファーがくるか、またはマネージメントチームが営業をして案件を獲得するのか、この2軸がSNSプロモーション事業のおおまかなフローとして上げられる。

では、その2軸が合わさり1軸になったらどうなるか?細分化したらキリがないが、プロモーション媒体として影響力のあるSNSアカウントを持っている人が、そのSNS媒体を活かした施策の考案できマネタイズ能力も兼ね備えていたら、自身でクライアントにプレゼンできるし、自身が最もSNSアカウントのメリット・デメリットを熟知しているわけで、クライアントへのプレゼンが事務所のマネージャーや広告代理店の営業マンより信ぴょう性は高まると検証できる。

 ただし営業に関しては、本人より営業マンがより一層営業に対して優れている可能性もあるので、営業というよりプロモーション事業の展開が理解でき、欲を言えばプロモーションしていく内容に対して自身のSNS媒体を活かしたスキームが考案できるインフルエンサーが出来上がる。

 

皆さまの会社に所属しているインフルエンサーがいたとします。

そのインフルエンサーがSNS媒体で影響力もあり、また良質なプロモーションプランを立てられるとしたら、会社としてどのような影響を及ぼすか?

インフルエンサーを管理するマネージメントする人、プロモーションプランを考える人など営業以外で対応していた業務が数多くあり、そこを担当していた人材を別の業務を対応できる環境が作れるのです。

 

インフルエンサー本人の環境も然り、インフルエンサーに事業展開能力を身に付けさせることによって、会社としても大きな影響を与えてくれる願ったり叶ったりではないでしょうか。

 

ただ、インフルエンサー自身に事業展開や業務の対応を可能にすることは、並大抵のことではないと思います。それはなぜか?インフルエンサー1人1人によってその育成方法が違うと僕は思っており、属人的な形で各インフルエンサーに合わせた育成プランを考えなくてはいけないので、プランを横転できず非常に根気強くやらなくてはいけない。

しかし、このような考え行動できるインフルエンサーが1人でも会社に所属していたら、会社に大きな影響を与えてくれることは間違いないだろう。

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t