【激カワ】カジノバーでカードのめくりが鮮やかすぎる美女ww

【激カワ】カジノバーでカードのめくりが鮮やかすぎる美女ww

 

ここは

東京渋谷の某所。

マークシティがそびえ立つ、渋谷でも有数の飲み屋街であり、ちょっとしたネオン街でもある。

その中に、ひときわ怪しい入口があり、なんとカジノができてしまうという看板を発見。

 

忘れてはいけない。

日本はカジノ法案は成立はしたが、まだ完全に営業可能の許可は出していない。

そう、カジノ=賭博なのであり勿論ギャンブルや賭け事を行ったら違法である。

そんな場所が大っぴらに渋谷に店を構えるとは何事だ!

 

これは一旦潜入してみるとする。

 

看板は出ているが、店がかなり奥まった階段の上にあり、

一言でいうと

 

かなり怪しい。

 

令和の世になったのにもかかわらず、モダンさは一切ない昭和的レトロな入口で、ますますヤバいところに潜入してしまったのではないかと戦慄する。

 

 

開けたくないけど、開けないと何もできない。

ということでドアを開けてみる。

 

おお、中は普通のバーだ。ちょっと安心した。

まさか黒服で、中は暗いのにサングラスをつけ、名探偵コナンの黒づくめの男達が葉巻をふかしながらブランデーをたしなんでいるかと思えば、

そう。ここは日本。

 

法治国家の日本である。

まず間違いなく、こんな表立った店で何か取引や、黒い陰謀が蠢くことはない。

 

さて、肝心の内容はというと・・。

[本店は一切の換金行為・賭博行為はございません]

 

おお!!そう、そうだよね。勿論法律は違反していない!

ただの「エンターテインメントバー」であった。

 

スタッフさんに話を聞いてみると、ここは渋谷などにあるカジノスクールの生徒さんがアルバイトをしたり、色々なアミューズメント施設で働いていた方がカジノのディーラーをやって、

お客さんを接客する。というようなものだ。

 

ほほう、ゲームセンターみたいなものであり、あくまでメダル。みたいな感じでチップを買って遊ぶというものですな。

 

これは・・・完全にセーフ!!!でした。

 

早速ゲームにトライしてみようと思い、世界中で大人気のゲーム

「バカラ」をやってみようと思う。

 

 

バカラとは。基本2枚のカードを9に一番近い数字が強く、2枚、もしくは3枚をどちらのサイド(バンカー・プレイヤー)に置き、バンカーかプレイヤーのどちらが勝つかを

予想してチップをベットする非常にシンプルなゲームである。

海外では中国人を筆頭に大多数のプレイヤーがバカラを楽しんでいる。

その熱気たるや、今までにない「ふるえるハート」を呼び覚ましてくれる。

 

そう、バカラは楽しいのだ。私も海外ではプレイすることはよくあるが、

ただの丁半博打や運ゲーと言われてしまえばそれはそうなのだが、とにかく「流れ」や「場面」はあり、それに乗れる人間はかなり勝っている印象である。

 

そして一番の醍醐味は、

「絞り」である。

あれ??絞りって何?

という読者は多いと思う。そりゃそうだ。私ですらカジノで知ったというものだ。

 

絞りとは、基本2枚のカードをプレイヤー(客)が、「めくる」ことができるのだ。

ただ、海外ではVIPの席や、高額レートのところしか絞りをすることは通常できない。

 

そこでまさか、渋谷で絞れるところがあるとは!!!!

 

今回潜入した渋谷「ビタミンクラブ」では、神的かわいさを持った女性ディーラーさんがいた。

 

そして、そのバカラの絞りをカッコかわいくやってくれちゃうんだ!!

 

 

どうですか!!!!

 

バカラー(バカラプレイヤーの人)は、かなりプレイしたくなっちゃうんじゃないかと!

 

 

このナチュラル9は、バカラでも最上級に強い役で、正直最強です!

最強+美女の組み合わせでこりゃ熱もあがるってことで、

世界に通じるバカラの「メクラー」として

この子にtiktokerになってくれとお願いし、快く許諾!!

 

もっともっとカッコかわいい「めくり」をお届けするように編集部でも随時追っていきます!!

 

世界で日本語の「mekuri」を流行らせるように頑張っていけそうですww

 

初めてのカジノゲームでも楽しめるし、絞るときのドキドキワクワクハラハラは、

ソシャゲーとかにある「ガチャ」みたいで熱くなっちゃいますね!

 

それではまた!

噂の女性ディーラー「むっちゃん」のtiktokはこちらから

→mutsubet-japan

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t