【今さら聞けない】加工しなくても自撮りでキレイに撮れちゃうプチトリビア

【今さら聞けない】加工しなくても自撮りでキレイに撮れちゃうプチトリビア

こんにちは、コスメコンシェルジュのMayu3です。

今回は、私もよくインスタでやっている「加工がいらない自撮り術」をご紹介します。

ちょっとしたことを気をつけるだけで、

難しい加工もいらなくなりますよ^^

■加工がいらない自撮り術

(1)晴れた日に撮る

 

肌を綺麗に見せるにはフンワリ撮ることがポイントですが、そのためには自然光で撮るのがベスト。

窓の近くで撮ると明るく撮れるので、肌のクスミも改善できます。

また、自然光で撮る時は、“窓のカーテンを全部開けないこと!”

太陽の光を直接浴びると強い光で顔がきつく見えたり、反射しすぎてしまうので、フンワリ撮れません。

レースカーテンだけ一枚閉めておくのがコツですよ!

 

  • 白い部屋で撮る

 

よく撮影で使われるのが、肌を綺麗に見せる“レフ板”なんですが、

どこの家庭にもレフ板なんてないですよね!

そこでおすすめなのが、

「白い部屋で撮ること」。

白い部屋で撮ると、光が回りやすく、レフ板みたいな効果がでます。

白い壁がない時は、壁に白い布をかけて撮ると大丈夫ですよ。

さらに、上級者になったら、100均に売っている白いパネルを顔にあててあげると、レフ板みたいになりますよ。

 

 

  • LEDライトを顔にあてる

 

携帯電話にもつけれるタイプがネットでも売っていますが、手軽に代用できるものは、卓上のLEDライト。

私はこっちの方が明るい感じがするので、携帯電話につけるタイプより卓上のLEDライトの方を使うことが多いです。

雨の日だけど綺麗に撮りたいという方におすすめですよ!

ちなみに部屋が暗い時にライトを使うとこんな感じで映ります。

 

 

晴れた日に撮るよりかは明るさが落ちますが、それでもライトを使わないよりかは明るく撮れるので、加工で明るくしなくてもここまでは明るくできます。

以上、加工がいらない自撮り術をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ちょっとしたことで、綺麗に自撮りができますので、

ぜひ試してみてください^^

=============================

この記事を書いてくれた、大野まゆみさんのInstagramはこちら

https://www.instagram.com/mayu3_honyalala

=============================

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t