私が転職した理由

私が転職した理由

こんにちは!

フィットネスインストラクターCAORIです!

 

 

先日めでたく35歳のお誕生日を迎えました☆

 

夏生まれです。

ささやかにケーキでお祝いもしました!

いくつになってもやっぱりうれしいデコレーションケーキ♪

 

 

 

年相応の自覚はまったくありませんが、もういい大人。

疲れやすくもなるし、お肌の曲がり角は何度目か。笑

仕事柄周りが20代の年下ばかりなので最近はどこに行っても最年長なことが多いです。

会社員時代は課の平均年齢を下げる一角だったのに一気に真逆に!

 

 

今日は会社員からインストラクターにどうして転職したのかについてお話しします。

 

これまで家族やごく一部の友人しか話したことがなかったので

どんな風に思われるか少し不安ですが本音を書きます。

 

 

 

私は30歳を過ぎて全く異業種の現在のインストラクターに転職しました!

はっきり言って遅咲きです。

 

友人・知人からは

「すごいね」

「勇気が必要だったでしょ」

「不安はなかった?」

「私にはできない」

っていう声が90%です。

 

たしかにものすごく悩みましたし、先々のことなんてわからなかったです。

どうやって仕事をとってくるのか、どこで情報収集をするのか、収入はどの位になるのか

吐き出したらキリがない。

 

その100の不安に勝ったのが、

「毎日が退屈だ」

というただ1つでした。

 

 

私が正社員として勤めていた企業はいわゆる大企業で業界では老舗といわれる会社でした。

有給取得は奨励され、定時には帰れる、

セクハラ・パワハラなんて受けたこともありませんでした。

ホワイト企業の見本のような会社です。

 

 

 

↑昔の私、まゆ毛ほそ!!

 

 

そんないい会社、何をもって退屈というんだ??

 

その会社の女性社員は技術職ではない限り部署異動が基本ありません。

女性も男性も基本的には同じ採用条件のはずなのに、男性はどんどん出世してく。

女性はものすごく遅い。

 

アシスタントとしているわけではないのに男性の補佐的な役回りが多い。

典型的な男性主義。

 

年配の社員からの

「来客へのお茶はやっぱり女性にいれてもらいたいな、そのほうがおいしい」

という意見を雑談の中で耳にしたことが何度かあります。

この発言をした方に悪気は全くないし、むしろ女性を褒めているつもり。

社内では気遣いのできる方として出世していました。

 

入社してすぐに自分の価値観とのギャップに気づきました。

ただ、こういう細かいことに目くじらを立てるほど子供でもないし、

完全に割り切れるほど大人ではありませんでした。

 

同じ会社の女性ともそのギャップの共有ができなくて、これは結構きつかったです。

女性はもう遅いから帰っていいよ、女性には制服がある、女性が率先して電話にでる

などなど・・・

女性自身がそういうものだと受け入れている状況だと話も合わなくて

仕事の悩みも話せる相手がいませんでした。

 

「女性に優しい」・「働きやすい」≠「やりがい」

 

壁を許容できませんでした。

                                                                                                                 

 

この話を異業種に勤める同年代の女友達にした時に、

「それはうちだって同じだよ。そんなのでやめるなんて贅沢」

と言われたことがあります。

多分これを読んでくだっている方の中にも贅沢だと思う方がいると思いますし、

そういう意見も至極最もだと思っています。

 

 

3年後、5年後、10年後も同じ仕事をしているのかな、

と想像するとモチベーションが上がらなくなってきて、

悶々と抱えているうちにどんどん仕事がつまらなくなってきてしまいました。

 

そして、「どうせ・・・」という風に考えることが増えてきました。

 

そうなると、会社員として一日のうちの大半の時間を過ごすことが

どうにももったいなく感じてしまい、自ら

不安定極まりない、でも好きなことの道に進むことを決めました。

 

 

今の仕事に就いてみて、やっぱりものすごく大変でした。想像していた以上です。

初めはオーディションに落ちまくるし、うまく結果が出ない。

どうしよう・・・と焦ってめちゃくちゃに追い込まれました。笑

 

でも毎日、飽きません。

驚くほどいろんなことが起こります。

初めましてのスタジオに行くのは食事が喉を通らないほど緊張するし、

お客様の前に立つ直前まで、

できるかな?できるかな?

って自分を疑っています。

 

レッスン後はお客様の反応がバカみたいに気になるし、

楽しかった!という一言が涙が出るくらいうれしい。

毎日、頑張ってよかったと思える仕事です。

 

 

転職を黙って見守ってくれた家族にも感謝です。

 

長文にお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 


こちらの記事を書いてくれたCAORIさんのInstagramはこちら

https://www.instagram.com/mocandcaori/

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t