僕が夢を持った理由

僕が夢を持った理由

僕は日本人の母とマレーシア人の父の間に生まれました。


僕は物心ついた頃から父からの虐待を受けながら育ちました。

 

何もしてなくても、遊んでいても、勉強をしていても、ご飯を食べていても、

笑っていても、泣いていても些細な怒り事を見つけて殴られる

地獄のような日々でした。

生きている意味が分かりませんでした。

何度も死ぬ事を考えました。

人前での感情表現の仕方がよく分からなくなりました。

 

 

小さい頃からテレビや映画をあまり見せてもらえなかった僕は

中学生の時にある映画に出会いました。

その映画は主人公が自分の人生を変える内容でした。

その映画にとても刺激を受けました。

そしてその映画の主人公を演じる俳優に憧れを強く抱きました。

 

 

ずっとつまらなかった人生…

 

俳優になれば自分ではない、他の誰かの物語を生きることができる。

 

そう思いました。

 

 


出だしはかなり遅くなりましたが

去年からやっと本格的に夢を追うことができています。

 

今でも周りの人に言われます。

感情表現が薄い。暗い。疲れて見える。

これらを今後克服するのも僕の目標です。

 

 

今では家族や友人ファンの方が僕を応援してくれて支えてくれています。

おかげ様で明るく生きてます!

ありがとう。

 

もう今は父とは関わっていませんが、こうやって夢を持てたのは父のおかげとも思っています。


夢を叶えるのは簡単ではないですけど

頑張ろうと思います。

 

 

 

そしてこの記事を読んで少しでも心当たりのある方。

 

虐待は人生を壊します。

平気な顔していても心は深く傷ついてます。

愛をもって接してあげてください。

 

 

最後まで読んでいただき幸いです。

ありがとうございました!

 

 


こちらの記事を書いてくれた小山慶さんのInstagramはこちら

https://www.instagram.com/kkoyama86/

 

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t