オカルトYouTuberごまだんごがオカルトを好きになったわけ

オカルトYouTuberごまだんごがオカルトを好きになったわけ

皆様こんばんは!

ごまだんごです。

 

私は普段YouTubeにて怪談を中心としたオカルトな話を朗読させていただいております。

 

突然ですが、

ホラーというコンテンツが一番活気付くのはいつの季節だと思いますか?




それは

 

 

毎年気温が高いこの季節は、体温低下につながるその恐怖鳥肌を求め、

一気に需要が高まるのです。

 

最近ではめっきり放送されなくなったホラー番組も、ここぞとばかりに放送されるので、

毎年この季節が楽しくて楽しくて仕方がない私です。

 

 

先述した通り、自身のYouTubeチャンネルも怪談を中心とした

「オカルト話朗読チャンネル」でありますから、

この夏でさらに登録者数や視聴者数を伸ばして、

世にもっとオカルトコンテンツの楽しさを広めていけたら良いなと思っております。



さて、そんな私ですがそもそも何故オカルトを好きになったのか。

 

それを今回は話していきたいと思います。





………



私が最初にオカルトに触れたのは幼少期の頃でした。

 

幼稚園帰りに母に連れられ、本屋に行きました。

 

母に「好きな本一冊買ってあげる」と言われた私は、ウキウキしながら店内を回り始めました。


 

沢山の本に囲まれ、どれにしようか悩んでいた私の前に、ある一冊の本が。

 

それは、タイトルはもう分からないのですが、おばけが沢山紹介されている絵本でした。

 

おどろおどろしい雰囲気ですが、どこか可愛らしい絵のタッチに惹かれ、

私はそれを即手に取り、母に渡しました。

 

渡された母は…

若干引いてた気がします笑

それを買ってもらい、家に帰ってから夢中になって読んだのを覚えています。

 

学校に住んでいるおばけの話や全国にどんなおばけがいるのか、おばけは実在するのか等、

その絵本には、私が知らない未知の世界の情報が沢山記してあったのです。

 

その深さと怖さとたまに出てくる可愛らしいおばけや変なおばけの紹介に一気に心を惹かれ、

読み終わる頃にはこのコンテンツが大好きになっていました。

 

それからは図書館に行っても怖い本しか読まず、

同年代の子達がヒーローやアニメにハマっていく中で、

私はホラーに一直線。

 

家に帰っても観るTVはホラー番組でした。


 

そして、その番組たちが私のオカルト好きを更に加速させていくのです。



私が観ていた番組で特に記憶に残っているものといえば、

「奇跡体験アンビリバボー」

 

今では実際に起きた事件の再現ドラマや感動話等を放送する番組になってしまいましたが、

昔は毎週ホラー特集が必ず放送されていたのです。

 

そこで放送される特集とは、

心霊写真であったり、

心霊スポットであったり、

心霊再現ドラマであったりと様々。

 

時には

「伝説の杉沢村を見つけろ」

という、地図にはないが昔大量殺人があった村・杉沢村の発見を求めて、

スタッフ一同怪しい山や森の中に探索に行くという、

非常にロマンが溢れる企画も放送していたのです。

 

この番組で私は更にホラーが好きになりました。

 

 

更には、

深夜再放送されていたホラードラマ「新耳袋」、

ローカルの放送局で放送されていたホラードラマ「十三夜」(時代劇の方ではありません)、

ビデオレンタル屋でホラーDVDを借りて鑑賞、

沢山の怖い本との出会い&読破、

定期的に開いていた友達との怖い話大会等

を経て、現在に至るのです。

 

また、それと同時に不思議な世界にも興味を持ち始め、

初めて「世にも妙な物語」を鑑賞した後、

未知の世界、

異次元、

そしてホラー、

つまりオカルト全般に興味を持ち出していくのです。



「もっとオカルト話に触れたい。楽しみたい。

今度は自分自身が主になって魅力を発信していきたい

 

こうした想いで出来上がったYouTubeチャンネルが、私が運営する

「ごまだんごの怪奇なチャンネル」

になります。




 

小さい頃に観たホラー番組や本等に、

「オカルトに出会わせてくれてありがとう」

という恩返しが出来たら良いなと思いながら日々活動中です。

 

 

また、私が小さい頃に観た番組と同じように、私のチャンネルを観て

オカルトに興味が湧く方をどんどん増やせたら良いなとも思っております。





おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は私がなぜオカルトに興味を持ったのかを書かせていただきました。

 

全てのストーリーを事細かに話すとまとめきれないくらい大好きなこの世界。

 

私はこれからも一視聴者、一配信者として皆様とオカルトを共有出来たら、

それでもう大満足です。



 

さあ、夏本番!

 

活気付くこの季節に今度はどんな出会いが私たちを待ち受けているのでしょうか。

 

一緒に楽しみましょう!




———————

※画像はPAKUTASO様(https://www.pakutaso.com/)より引用。

 


この記事を書いてくださったごまだんご様のYoutubeチャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UC-g-w1lS2yYmOLKV6UPrR_A/featured

 

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t