この記事を読んでいる皆さんはまだ間に合います!~ミャンマー~

この記事を読んでいる皆さんはまだ間に合います!~ミャンマー~

みなさんこんにちわ。

 

今まで旅した国は約100カ国。

旅人 五十嵐 恭雄です。

 

 

2018年10月1日からミャンマーでは日本人はビザが無料になりました!

試行期間で2019年9月30日入国分まででその後はどうなるかではありますが、

この記事を読んでいる皆さんはまだ間に合います!

 

 

この事は日本とミャンマーがいかにいい関係であるかを感じられることでもありました。

 

ヤンゴンでダラという地域に行く際も、

日本のODAで提供された船が使われていたり、

そこでは日本のパスポートを見せると船が無料になったりと、

そんな関係を築き上げた日本はもちろん、

ミャンマーの皆さまに感謝でもあります。

 

自分が今旅をしやすくさせてもらっているのは、

日本人の先輩方が作り上げた努力の賜物でもあります。

 

それを汚すことのなく、

次世代にも日本人がよき存在であるように、

自分も日の丸を背負って海外では行動しています。

 

昨年そんなビザ無料になった日、

第一号の日本〜ミャンマーの便に搭乗し、

式典に参加できる機会を作っていただきました。

 

 

大臣と一緒に写真が撮れるという、

なかなか考えられない状況。

光栄でございました。

 

ミャンマーは2回目だったのですが、

素晴らしい観光スポットが沢山あります。

 

今回はゴールデンロックに行ってきた事を書きます。

落ちそうで落ちない不思議な岩としてインスタ映えスポット間違い無しの場所なのです。

 

 

ゴールデンロックの正式名はチャイティーヨー・パヤー。

ちなみにパヤーとは仏塔のことを言います。

 

この不思議な岩は単なる岩ではなく仏塔であり、

金箔の貼られた岩の上にある仏塔は高さ7mになります。

この仏塔にお釈迦様の髪の毛が入っており、

その霊力で浮いているとミャンマーでは信じられています。

 

ゴールデンロックはミャンマー人にとっては巡礼の地であり、

「一生に一度は行きたい巡礼地」として知られています。

 

その為オンシーズンの乾季や巡礼の時期には参拝する人で大混雑になります。

 


そんな場所ですが行くのがまた一苦労。

自力で日帰りで行く事はできなくないですがかなり大変。

早朝に出て夜遅くになる事は間違い無し。

 

というのも交通手段は限られているからです。

 

まずはヤンゴン~キンプン・ベースキャンプまで行く必要があり、

そこまでいくのにバスだと所要時間は5時間半。

キンプン・ベースキャンプ~山頂までは約1時間。

さらにトラックが満席にならないと出発しないため、

30~40分待つなんてこともあったりします。

山頂からも徒歩15分歩かなくてはなので、

はい、ざっと計算しても公共機関だと13時間は移動で使います。

 

それに観光時間、バス、トラックの待ち時間を考えると、

ヘタしたら帰れなくなってしまうー。

 

という事で泊まりで行くのがベストです!

 

ですが時間のない日程でもあったので、

安全にキンプン・ベースキャンプまでタクシー貸し切りで行く事にしました。

 

貸し切りで200ドルぐらいかかるのでミャンマーだと高額です。

 

タクシーでも渋滞もあったり帰りも間に合わなくなる可能性もあるので、

早朝出発になってしまいます。

 

飛ばしてもらったので、行きは3時間半ぐらいで着きました。

トラックに荷台乗り換えて20分程で出発。

2500チャット、約175円でした。

 

暑い中ギューギューに乗せられ出発。

途中あるガタガタの道や大きなカーブ。

急な坂もあってまるでジェットコースターのような感じです。

 

 

しかも基本、屋根がないトラックなので雨の時は大変ー。。。

幸い晴天でした。

 

 

山道の途中でロープウェーが近年できたとのことで乗ってみる事に。

 

 

空から見える町は質素な家が多く、

都会化するヤンゴンとの違いを見る事ができました。

 

 

ロープウェーを降りて歩いていると色んな商売をしている人がいます。

 

 

竹眼鏡を作って売る少年。

荷物を運ぶ人。

人を運ぶ人。

 

そんな人達を横目で徒歩で目指します。

 

 

やっとの思いでたどり着いたゴールデンロック。

 

 

本当に落ちそうで落ちていない!

 

残念ながら岩に触ることができるのは男性のみで、

女性は触ることができません。。。

 

思いっきり押してみましたがもちろんびくともしません。笑

 

 

金箔は山頂で売られていますが、

貼り付けられるのも男性だけです。

 

実際に目の前で見ると神聖な空気を感じ、

その存在感に圧倒されます。

 

そして神々しさが伝わってきて、

そのあとに感動する気持ちで体がいっぱいになりました。

 

 


訪れるのは少し大変ですが、

それに見合うものはあると思います。

 

是非一度ゴールデンロックを訪れて見てください。

 

 


BLOG:https://ameblo.jp/ikarashi1983/

インスタグラム:https://www.instagram.com/yasuo_ikarashi_/

旅写真インスタグラム:https://www.instagram.com/yasuo_ikarashi_photographer/

ツイッター:https://twitter.com/yasuo_ikarashi_

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t