オカルトYouTuberごまだんごが本当に体験したヒトコワの話

オカルトYouTuberごまだんごが本当に体験したヒトコワの話

皆様こんばんは。

ごまだんごです。

 

私は普段YouTubeで主に怪談等のオカルトな話を朗読させていただいております。

 

前回、この朗読活動をさせていただいてから

怪奇現象を身近に感じるようになったとお話させていただきました。

 

昔から怪談話等をすると幽霊が寄ってくると言われています。

その現象が私にも起きたのでしょう。

 

 

しかし、世の中には怪奇現象以外にも怖い現象が多々あります。

 

その中でも今回ご紹介させていただくのは”ヒトコワ”です。

“ヒトコワ”とは、漢字で書くと”人怖”。

その言葉の意味通り、人間関係から発する恐怖現象をいいます。

 

「噂話をされた」

「イジメられた」

「ストーカーされた」

「人が殺された」

代表的な例をあげるとこのような感じでしょうか。

 

皆様も一度や二度はヒトコワを体験した事はあるかと思います。

実は私も何度か体験しているのです。

 

今回はYouTube活動を始めてから現在までに、どのようなヒトコワを体験したのか。

その実際の体験談の一つをご紹介いたします。

 


 

 

丁度今から2年前くらいの話になります。

 

YouTubeチャンネルの登録者数が徐々に伸びて来て、

それに伴い視聴者様からのご意見も増えてきた頃でした。

 

「いつも動画見てます」

「会いたいです」

「この話を読んで」

「もっとスムーズに読めないの?」

等の沢山のご意見を頂く中で、

 

「ごまだんごさんに手紙、プレゼントをお渡ししたいです」

 

というお声を複数人の方から頂くようになりました。

 

実際に視聴者様からお手紙等をいただけるのは凄くうれしい!!と思いました。

ですが、自分が住んでいる住所を明かすのはちょっと怖い・・・

 

そこで、住所提供サービスというものを利用させていただき、

その住所を経由して、私の元に視聴者様から

お手紙やプレゼントを送っていただく形になりました。

 

・・・サービス利用開始から1か月後。

 

沢山のお手紙やプレゼントが私の元に届きました。





とても感動しました。

 

クリスマスの子供さながらにワクワクしながら沢山のお手紙、プレゼントが入った

段ボールを一つ一つ開けて、中を確認して読んで開けてを繰り返しました。

 

プレゼントを部屋に飾ったり、お手紙を何度も何度も読み返したり、

あまりに嬉しかったので、実際に感謝の手紙を書いて、

送り返させて頂いたりもしていました。

 

「こんな視聴者様と身近に繋がれる凄いサービスがあるのなら、

もっと早めに使えば良かった。」

 

 

そうルンルン気分で思っていた矢先の三か月後。

私の元に異様な雰囲気の封筒が1通届きます。

 

送り手側の住所や名前が一切記載されていない、細い茶封筒

しかしながらぱんっぱんに、

それはもうはち切れんばかりに膨らんでいました。

 

それを見た私は、

 

「これ絶対変なモノ入ってそうだなぁ・・・。ちょっと嫌だなぁ。

でも確認しないと!! せっかく送って頂いたのだから。」

 

と思い、サッ!!と開封してひっくり返してみました。

 

すると、



ドザーーーーーーーーー!!!!!!




 

中から大量の髪の毛がウネウネザワザワと出てきたのです。



「うっわ・・・。え・・・本当?嘘・・・。」



異質な物が入っているだろうと予感はしていたものの、いざ当たると声になりません。

 

ちらっとしか確認していませんが、髪の毛は白髪だったり黒髪だったり茶髪だったり。

中には毛根がついたものや、皮膚と血が一緒についている髪の毛もありました。

 

それに、異様な匂いが漂っていました。

 

私は吐き気を催しました。

頭の処理が間に合わず、しばらく呆然ともしました。

 

しかし、部屋に落ちている見知らぬ誰かの髪の毛を放置しておくのは

流石に少し気持ちが悪い・・・

 

自分を奮起させ、ショックで震える手をなんとか動かし、マスクと手袋、

それにチリトリを持ってきて髪の毛をすくい、袋に入れる作業を始めました。



サッサッサ。

ザー。

 

サッサッサ。

ザー。

 

すると、

 


サッサッサ。

ザー。

 

パサ・・・!



何かが髪の毛から落ちてきました。

白い小さな長方形の紙。



ウッ!!!

 

一瞬固まりました。

ですが好奇心が上回り、私の体を動かします。

 

勇気を持って目を開け、それを手に持ち、おそるおそる裏返しました。

 

見ると・・・それは一枚の証明写真だったんです。


 

写っていたのは、おそらくは30代~40代半ばの女性。

痩せていて、頬や目元が窪んでいました。

口元はニンマリとしていて、こちらを凝視しております。

 

頭にはバサバサの白髪と黒髪が。

この封筒から出てきた髪の毛と似ていました。

 

でも不思議で、茶髪では無かったのです。

だとしたら白髪と黒髪に混じって存在するこの茶髪は誰のものなのでしょうか?

明らかに髪質が茶髪だけ違いましたし、それに・・・

 

私は、そこで考えるのをやめました。

 

他にも何かがチラチラ見えていた気はしますが、なるべく見ないようにし、

封筒と封筒から出てきたもの全てを袋に入れました。

 

そして本当に申し訳ないのですが、その袋ごと処分させていただきました。



この件で怖くなった私は、住所提供サービスの利用を停止させていただき、

お手紙等は一切受付しなくなりました。

 

ですので、その封筒を送られた方が今どうしているのか。

どのような目的でそれを送ってきたのかは・・・現在知る由もないのです。

 

よく有名人の方々がテレビ等で

「ファンからもらった手紙に髪が、もらったぬいぐるみから髪の毛が」

と話していたのを聞いていたので、

「いやぁ~色々大変なんだなぁ・・・」と思っていたのですが、

まさか自分が体験するとは思ってもいませんでした。




 

おわりに



いかがでしたでしょうか?

今回は私が実際に体験した人怖話をご紹介させていただきました。

 

「私は大丈夫!」

と思っているそこの貴方。

 

案外そういった体験というものは近くに存在するものです。

くれぐれもご注意を・・・。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

皆様もこのような体験がありましたら是非私が運営するオカルト話投稿サイト

「HORROR HOLIC SCHOOL / ホラホリ (http://hhs.parasite.jp/hhslibrary/)」

までご投稿ください。

 

一緒に話を共有しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

※画像はPAKUTASO様(https://www.pakutaso.com/)より引用。

 


この記事を書いてくださったごまだんご様のYoutubeチャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UC-g-w1lS2yYmOLKV6UPrR_A/featured

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t