オカルトYoutuberの心霊体験三選…

オカルトYoutuberの心霊体験三選…

皆様こんばんは。


ごまだんごです。

 

私は普段YouTubeで主に怪談等のオカルトな話を朗読させていただいていおります。
この活動をしているとよく視聴者様から「怪談を朗読してると変な事はないのか、怖い事があるなら教えて欲しい」というご意見をいただきます。

 

その点に関しまして返答するならば ”結構怖い事ある” というのが私の意見です。

 

昔から怪談を話したり聞いたりすると幽霊が寄ってくると言われていますが、まさにその通りっぽい現象が私の身の回りでは起きているのです。

 

では実際に、今回怪談朗読を始めてからどのような事が起きたのかを恐怖順にまとめたランキング形式で、第3位からご紹介させていただこうと思います。
これを読み終えたアナタにもナニカが起きるかも・・・

 

 

第3位 音・声


これは結構頻繁にあります。朗読中に「ストーン」と後ろで何かが落ちた音がし、振り返るが、何も落ちていない。「カチャ」と扉が開いた音がしたが、開いていない。「スッスッス」と誰かがすり足で近づいてきた足音がしたが・・・勿論振り返っても誰も居ないのです。

 

これは世に言う ”ラップ音” と呼ばれる類の心霊現象だとは思うのですが、まさか霊感が無いと自負していた私が、頻繁にこの体験をするとは思ってもみませんでした。

 

また、私のYouTubeチャンネル上に実在する、とある動画では

「動画内に女性のクククという笑い声が入っている」

等の多数の報告を視聴者様より受けました。実際にその動画を確認すると、どう考えても収録出来ないタイミングで声が入っていたのです。女性の笑い声らしきものはなんだか楽しそうに、こちらの言葉に反応するように入っていました。

 

その他にも、チェック時には大丈夫だった動画がYouTubeに載せると音声がガビガビになってしまうなどの体験もチラホラとしております。

 

これらの全てが心霊現象に結びつくとは考えにくいですが、どう考えても説明できない体験というものは案外あっさりと体験できるのだなと、特に怪談朗読を始めてから思う機会が増えてきました。

 

 

第2位 見る


これは二年に一回~数回くらいのペースで来るのですが、怪談朗読を始めてから幽霊っぽいものをたまに見るようになってしまったのです。

 

外出先で、気味が悪い場所で、自宅で。とロケーションは様々です。
広島に住んでいた頃、住んでいたマンションのトイレ前で見た幽霊は、顔が横を向いていて、身体はこちらを向いているという何とも奇妙な体勢の幽霊でした。
他にもトンネルの真ん中あたりで車がビュンビュン通りすぎても平気な顔をして突っ立っている男性の幽霊など、それはもう今まで見る事がなかった光景や人物が見えるようになってしまったのです。

 

昔から自分には霊感が無いと思っていましたから、全部無理やり”気のせいだ”と思っていました。
が、つい最近有名な霊能力者さんに私を見て頂いたところ、そもそも私には強力な霊感が備わっているというのです。

 

「今まで幽霊が見えなかったのは、貴方にフィルターが掛かっていたから。でも最近その活動(怪談朗読)を始めてから、フィルターが取れ掛かっている。」

 

と言われてしまいました。
これが本当かどうかは定かではありませんが、どうやら怪談というモノはナニカを引き寄せるだけでは無く、その人の特殊なフィルターまでも奪ってしまうモノらしいのです。

 

これから夏になり、怪談やホラーに触れる機会が増えてくる季節かと思いますが・・・皆様くれぐれもどうかお気をつけくださいませ

 

 

第1位 もや

この体験は怖いとかどうとかというもので収められないような体験だとは思うのですが、ここに書き記しておこうと思います。

 

この体験をしたのは丁度二年前くらいでしょうか。

 

その日もYouTubeにアップする怪談朗読を収録していたのですが、朗読中、急に頭の中にもやが浮かび始めたのです。

 

これが凄い不思議な感覚で、目は文章を追っているし、その文章からくるイメージもいつも通り頭の中で連想しながら読めているんです。
が、そのイメージとはまた違ったイメージがふわふわと、まるで入道雲のように最初は小さく、段々と大きくモクモクと勝手に膨れ上がってきたのです。

 

段々とそのイメージが大きくなるにつれ、自分は朗読をストップし、そのもやの中を覗こうと集中しました。すると、不思議とそのもやの映像が鮮明になっていきました。

 

もやの中には髪の長い女性が居ました。その女性は後ろ姿で裸です。更に意識を集中させると、どうやらシャワーを浴びているという事が分かりました。

そこはお風呂でした。窓のふちにはシャンプーとリンスのボトルが置かれています。

 

と、そこまで見ると、もやから意識を引きはがされ、だんだんもやから遠ざかっていきました。
「今のはなんだったんだろう」と困惑した私でしたが、その日はそれ以上特に不思議な事も無く、収録を無事に終えることが出来たんです。

 

その事があってから数日後、私は兄の新居へと遊びに行きました。
兄は最近引っ越しをしたばかりで、私もその家に行くのは初めてでした。

 

行ってみるとそこには見覚えのあるお風呂が。
そう、あのもやの中で観たお風呂だったんです。
窓にはシャンプーとリンスのボトルがおいてありました。

無言でまじまじとお風呂を眺める私に、兄が不思議な体験したんだよなぁと語り始めます。

 

「俺引っ越したはいいけど仕事柄家に帰れない日が続いてるんだよね。で、この前久々に家帰ってきてお風呂入ろうと思ったらさ、お風呂に長い髪の毛落ちてるわシャンプーとリンス減ってるわでなんかおかしいんだわ。誰かに入られてんのかなぁこの家」と。

 

それを聞いた私は全ての合点がいったようで急に背筋がゾワゾワしました。

“あの時もやの中で観た女性が、兄の新居のお風呂を使っていた?”

 

兄に彼女は居ませんし、あの家のカギを持っているのは兄しかいません。
当然誰もその家には入れないはず。

 

また、なぜその女性がそのお風呂を使っている映像が、遠く離れた私に観えたのでしょうか。

その女性が生きていても死んでいたとしても、とても怖くて不思議な体験をしてしまいました。
ちなみにそれ以降、兄はその家で不思議な体験をすることはなかったそうです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

前述したように、このような体験は一切してこなかった私です。
が、最近怪談というモノに深く関わるようになってから、常識では考えられない出来事が身の回りで多々起きるようになってしまったのです。

今回ご紹介出来なかった体験も何個かあるのですが、それはまた別の機会に話させて頂きます。

皆様も深く関わる際にはご注意を。
気づいた時にはもう遅いかもしれません・・・

ごまだんご

 

※画像はPAKUTASO様(https://www.pakutaso.com/)より引用。

=============================

この記事を書いてくださったごまだんご様のYoutubeチャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UC-g-w1lS2yYmOLKV6UPrR_A/featured

=============================

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t