初心者でも出来る、スマホカメラで良い感じの写真を撮るコツ ~食べ物編~

初心者でも出来る、スマホカメラで良い感じの写真を撮るコツ ~食べ物編~

こんにちは!ワンチャン編集部Mです!
普段インスタグラマーさんの写真を見ていて、綺麗に撮っていて本当にすごいなぁ。。と感服しております。

Instagramでよく見るのが、おいしそうなインスタ映えランチ★
いくらおしゃれなお店に行っても、おいしそうな食べ物に出会っても、撮り方によっては全然映えません。
(はい。私です・・・。)
でも私と同じ気持ちのインスタ初心者さんや、これからインスタを始めたいと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私のような初心者でも、綺麗な写真が簡単に取れるコツを、某Instagram運用のプロに教えてもらいました!

すでに得意な方は、「え?こんなこと??」って思うかもしれませんが、お付き合いくださいませm(__)m


M「今日はよろしくお願いします!」

プロ「お願いします。プロとかやめてくださいよぉ~。」

M「インスタって、何を撮るかも大事だと思うんですけど、撮り方って重要ですよね。そのテクニックが無くて、インスタに載せてもどうも素人感が出てしまうんです。」

プロ「うんうん。」

M「なので、私のような素人でも、それなりに見える写真の撮り方を教えてください!」

プロ「それなりって・・・(笑)」

M「では、早速お願いします♪←」

プロ「じゃあ誰でも出来る食べ物を撮るコツを3つ教えますね。」


■1つ目:困ったらアップで撮る

これは人物などは該当しませんが、食べ物や小物、花、動物には使えます!
アップは実際に目の前にある感じを出せます!


後で撮った写真をズームしても良いのですが・・・私は基本的にスマホでとる時ズームは使わないですね。スマホを近づけます。

■2つ目:明るさを変更

今はフライトで照らしたりフラッシュではなく、スマホのカメラ機能で明るさを調整!
撮影の際にたいていのスマホが被写体をタップすると明るさ調整画面が出現!そこで明るさを明るくしてから撮影をよくしています。

明るさはとる際に調整して、編集でも調整できる時代!明るくする!W

■3つ目:三分割法

等間隔に引いた水平線と垂直線2本ずつにより画面を9等分(上下・左右方向にそれぞれ3等分)すると仮定し、それらの線上、もしくは線同士の交点上に構図上の重要な要素を配置すると、バランスが取れて安定した構図が得られるというものである(Wikipediaよりw)
あれ?分かりにくいかしら?
線を縦横に2本引いたときに交差する部分に被写体を置くだけ!
あら不思議!ちょっとおしゃれに撮れます。


M「ありがとうございます!これで私もインスタ映え写真が撮れます♪」

プロ「よかったよかった(/・ω・)/」
  どれも簡単にできる事なので、試してみてね☆」

M「おぉ・・・・!!!すごいですね!ありがとうございます♡」

プロ「そう思ってもらえて良かったです。
  今はフィルムの時代ではなく、データの時代なので、良くも悪くも気軽に写真が撮れます。
  なので、まずは気軽に楽しんで撮ってみてください。」

M「そうですね!まずは撮ることから始めてみます。
 ありがとうございました!!」


今回は私のような初心者向けに、写真の撮り方を教えてもらいました。

ちょっとしたコツで見栄えがかわるので、是非写真を撮るときは意識してみてください★

ありがとうございました(^^)/

この人へお仕事の依頼はこちら → リクエスト

カンレン

  • t